昨日のアップ記事の修正および補足説明のアドバイスをてっちゃんより貰いましたのでアップします。
是非、今後の参考にして下さい。

また当ブログ内で、皆様に是非見ていただきたいポイントを「技術ポイトン」というカテゴリを追加しました。


1.テイクバツク
ラケットを引くことよりも右利きの人は左の肩を右側に回して、 肩を入れるイメージを意識すると右手は自動的にテイクバックされます。 これが遅くなると振り遅れて、ボールがストレートにいってしまいます。

2.インパクト
コートと垂直の面ではなくて、ボールの進入角度に対して垂直の面です。 これができないと狙ってところへボールを配球すること(プレイスメント)が できませんし、ネットすることが多くなります。
私自身ミスのほとんどはこれができていない時に起こっていると認識してます。

3.ボールを押す事 
円のスイングではなく楕円(オーバル)のスイングを意識してください。 当然ボールを押すために目だけではなく、首をボール方向へまげて見ていないと 押すことはできませんし、正しい面ができているかどうかの確認ができません。
1~3までのスイングスピードが速すぎるとうまく押せないと思います。 むしろポールの威力に押されることを含めると1~3でスイングスピードが 上がる方がベターです。
 バウンドしてから伸びる威力あるボールが打てるかどうかはすべてこれにかかります。

4.フォロースルー 
できる人は最後に手首を返す動き(プロネーション)を加えて下さい。 ボールがさらに一のびしますし、スピンがかかります。