昨日の記事に私の解釈の違いがあり、てっちゃんよりアドバイスを貰いましたので、こちらを参考にして下さい。

【原   文】

「相手のインバクトの瞬間から見て、「次のボールのコースを予測して動く」」
は明らかに間違いです。

予測(アンテシペイション)は、もし自分がそこへ配球(先週のブログ上で字が間違っていました)したら、相手ははたしてどこへ返球してくるか?ということを考えるということです。

だから「相手のインパクトの瞬間」ではなく「自分の打ったボールのコースが自分の狙い通りだった時」が正解です。

ですからおけさともちゃんをはじめとしてボールを打ったあとにその場で立ち止まって自分のボールの行方を見ている人が見うけられますが、それではもう遅れてしまいます。

何度も言っている通り打ったらすぐにスプリットステップを踏んで、戻るべき方向へ2歩サイドステップ。
そこから相手のボールのコースを予測しておいてから、ボールが打たれたら改めて動き出す


もしも相手が打つ前に動き出してしまうと、逆を突かれてしまいます。
スプリットステップと戻るべき方向への2歩サイドステップがとても重要です。

これをしておくと相手のボールがエース級にならない限りは楽に追いつけますし、遅れてからダッシュして後からハアハアゼイゼイなどということなく楽につなげるはずです。
全力で走ってからストロークなどということはそれこそプロのレベルの話ですし、
もしも仮にそれが打てたとしても、それがウイナーにならなければ相手に切り替えされて終わりになってしまいます。

繰り返しますが

予測は、自分のボールに対する相手の返球の予測のことです。
それは相手が打ってからではなく、自分が打つ前にしなければならないことです。