【参加者】・・・①けろりん②キクイちゃん③昭ちゃん④チゃらてつ鉄くん⑤てっちゃんの5名
【テクニカルアドバイザー】・・・てっちゃん
【内  容】

【てっちゃんメール原文のまま】

前日にけろりんからミックスの試合のどこが悪かったのかレクチャーして欲しいというメールをもらったので
アップのあとはすべてミックスダブルスのゲームにしました。

ダブルスの基本は相手の陣形をいかにして崩すかということ。
相手二人の間に配球すれば二人はセンターに寄ってサイドが空く。(試合で昭ちゃんがそれをやってました)

サイドを攻めればセンターが空く。
前に落とせば後ろが空く。
常に二人の距離感が最重要。
けろりんには厳しいようですが、「遊ばれてる」ということを身をもって体感してもらいました。

あわせてミックスの場合ロブは男の上に上げるのはダメ。(スマッシュの餌食です)
女性の上にとれそうでとれないくらいのロブを上げるのがベターということも併せてレクチャーしました。

やはり二人の間での決め事をあらかじめしておくことが必要です。
たとえば右ききの場合、デュースサイドでサービスは常にセンターにいれるから、すぐにポーチに出るとか、
アドサイドではボレーが力の入れにくいバックハンドになるから、サイドをケアするだけでよいとか、
ドロップショットをしたらサイドケアしつつ前につめて決めのボレーを狙うとか、
頭の上を抜かれたらサイドチェンジするだけでなく一旦ベースラインまで下がって女性は4分の1のエリアだけ守るとか。

それからダブルス試合でシングルス的にやってもなかなか勝てないということも話しました。
あくまでもダブルスは1+1=2という数式どうりにはならないスポーツなので、
いかにして答えが2以上の数字に引き上げることが命題で、
2以下の数字や下手すると1以下になってしまうともうアウトです。

シングルスと違ってダブルスはいくつになってもできるスポーツです。
世界のダブルスのトッププレーヤーもシングルスでは100位くらいの選手が多いのですから・・・

「現在(いま)」を大事にして精一杯やるから「未来(さき)」があるんじゃないでしょうか by 衣笠祥雄