以下、てっちゃんレポートです。



参加者 おけさ盛ちゃん、チャらてつくん、てっちゃんの3名

アップの後、前半は
サービスライン球出しからのストローク
ベースライン球出しからのボレー
サービス+サービスリターン(リターナーは志願によりチャラてつくんのみ)

ストロークではおけさ盛ちゃんよりバックハンドストロークの練習がしたいとの希望があり、バックハンドの集中練習。
腕の振りで打っている自覚があるとのことなので骨盤(腰)を回転させるイメージを持ち、結果として腕も回るという感覚で打ってみてはどうかと提案しました。

同じくチャらてつくんからバックハンドスライスの練習がしたいとの希望があったので、あくまでもインパクトではラケット面をボールに対して90度であててボールを押したのち、面をボールの下に滑らせるようにとのアドバイスをしました。
それまでは卓球のカットのようにバウンド後失速するようなボールだったのが、修正後は攻撃的なスライス回転のボールに劇的に変わりました。
まだまだ成功率は3割程度で反復練習が必要ですが、なかなか受けづらい非常に質の良いスライスになってます。

後半はダブルスコート全面を使ってのゲーム練習。
おけさ盛ちゃん&チャらてつくんVてっちゃん(6-2、1-5)でした。
第1セットはアングルをつけたストロークで振ってからのドロップショットが次々と決まり、おけさ盛ちゃん&チャらてつくんの圧勝でした。
特筆すべきことは以前にも報告したとおり、おけさ盛ちゃんの予測に基づくパートナーへの的確な指示とゲームメイクがすばらしいことです。
ロブへの対処など常にちゃらてつくんへ声をかけて陣形を崩さないように気を配っており、ダブルスはこうやってポイントを取るというお手本を見ているようでした。